《靴下のすゝめ!》vol.4 靴下を買う時「純綿製かどうか」だけチェックしてない? 三つの真実の愛の靴下に出会えるコツ。 - 日誌 - +10・テンモア|あなたと風を切って歩く|靴下の王国へようこそ

《靴下のすゝめ!》vol.4 靴下を買う時「純綿製かどうか」だけチェックしてない? 三つの真実の愛の靴下に出会えるコツ。

靴下のすゝめ

皆さんは洋服を買う時、材質を触って気持ちいいか確認したり、毛玉ができやすいかどうかチェックしたりしているよね。靴下を買うときはどうでしょう?純綿製かどうかをチェックするだけで、他は何を基準にして選ぶのかわからないって思っていませんか?そんなあなたに、靴下を買う時に気を付けるべき3つのコツを紹介します。 

 

 

 

1︹「ママが靴下は純綿製にしなさい」って言ったの?

そうですよね、綿は汗を吸って通気性もいいものです!でも、「純綿製」って記された全靴下が純綿製だと勘違いしていませんか?知っていますか?

世界には100%全部綿の靴下なんてないんですよ!綿は弾力がないからすぐ緩くなるんです。靴下の中には必ず弾力性繊維を編み込まなければならないのです。純綿製という表記は、綿の中に他の物質が混ざってないことを表してるんですよ。

 

さらに、この純綿製の中でもレベル分けがされているのをご存知ですか。綿花の処理工程から「カード綿」と「コーマ綿」に分けられます。

∈ 1.1カード綿は一般的な純綿質な糸から作られた生地のことです。糸の中に短い繊維が多く、構造は緩く毛玉ができやすいです。市場にある縫製品は大体この生地を使っています。

∈ 1.2コーマ綿は高級縫製品に使われることが多いです。綿紡績の過程で綿花の中のゴミなどを取り除き、綿生地を更に強くしなやかにすることで滑らかな生地を作り出すことができます。

このコーマ綿を使用している+10・テンモアの靴下たちは、市場にある一般的な綿靴下よりきめ細かく編んでいるので長く履けて、さらに毛玉も出来にくいです!

 

2︹︹悪いものに『足』を染めてしまったことない?

皆さんは靴下を買う時、色で選んじゃっていませんか?その中に蔓延るリスクを考えたことはありますか?靴下の色は糸で決まります!でも、我々が靴下を買う時は、このカラフルな色の染料品質まで知るなんてことは難しいですよね。売ってる側も染料の品質によって人体に影響が出るかなんて必ずしも意識する訳ではありません。アゾ染料は広い範囲で使われている合成染料です。その中には皮膚に触れた後に発癌性物質を誘発する可能性があるものも含まれています。

 

 

+10・テンモアの靴下で使用している糸は全工程でアゾ染料を使用していません。人体に害がある疑いのあるものを避けて、ただ皆さんを安全な道へお運びします。

 

3︹︹︹この靴下はどれくらい一緒にいてくれるかな?

靴下の寿命はゴムの弾力にかかっています。皆さんも数回履いただけで緩くなるなんて嫌ですよね!一足の靴下は「表糸(おもていと)」と「裏糸(うらいと)」に分けられて編まれています。「表糸」は靴下の表面に使われる糸(弾力性なし)で、「裏糸」は靴下の裏側に使われる糸(弾力性あり)です。裏糸は伸縮性と耐久性を決める、いわば靴下の魂のようなものです。

+10・テンモアの靴下は市場では高級縫製品でしか使われない「ライクラ®(LYCRA®)」を裏糸に使用しています。

「ライクラ®(LYCRA®)」はインビスタ(INVISTA)社で特許生産されている優れた伸縮性を持つ合成繊維です。4〜7倍に引き伸ばしても元の長さに戻ることができるものです。今までにない快適性と自由を提供します。もちろん伸縮性と耐久性にも安定した品質がついてきます。

 

 

 

+10・テンモアはずっと靴下縫製技術に様々な可能性を試みてきました。そうやって世界への好奇心と遊び心で靴下王国を切り開いてきたのです。同時に安全な材料を選び世界への道標を編み込んでいくのを忘れていません。私たちはすべての靴下が“長く履けるようにと“常に考えています。そうしないと皆さんと一緒に様々な道を歩いて、色々な景色を見られないからです。今度、靴下を買う時にじっくり観察してみてください。その時にどんな景色を見に連れて行ってくれるか、靴下に聞いてみましょう。 

 

 

 

 

 

 

靴下のすゝめ
1
數量
230
220